かまがやの花火実行委員会会長あいさつ


まずは、かまがやの花火大会を開催するにあたり、本日ご来場の皆様と御協賛頂けた鎌ケ谷市内外、多くの企業の方々、多くの市民の皆様へ一言御礼の言葉を述べさせて頂きます。
昨年度、鎌ケ谷青年会議所の40周年記念、青少年事業の一貫として始まったこの、かまがやの花火大会、皆々様方のお陰を持ちまして今回、2回目を迎えられる運びとなりました。

「夢にきらめけ!! 明日に輝け!! でっかい花火を打ち上げよう!!」と銘し、多くの子供たち、多くの市民の方たちと共に鎌ケ谷市が掲げる『やがて故郷に変わる街 鎌ケ谷』これを実行すべく、私たちかまがやの花火実行委員会は活動をしております。

子供たちの思い出と残る本事業は全ての大人たちが思う、子供たちの健全な成長、育成に必ず繋がっていくと確信しております。また、この日のために準備をしてくださった保護者の皆様、市内全小学校の校長先生を始めと致します先生方、本当にありがとうございました。

今日のことをご自宅に帰ってからも、夏休みが終わって学校が始まってからも楽しく話題にしていただければ本当に嬉しい限りです。

結びとなりますが、これから本格的に残暑というアツい日々が始まりますが、多くの子供たちと皆様にとって、今年も楽しい夏となりますことを、心よりお祈り申し上げます。本当にありがとうございました。また来年も宜しくお願い致します。

かまがやの花火実行委員会 会長 豊田寛史